集団左遷の最終回(10話)の見逃し配信、無料動画情報!ネタバレと感想も!

(登録から30日間無料!一切費用はかかりません。)

『集団左遷』第10話(最終回)( 2019年6月16日(日)21時より放送)の動画を無料視聴する方法をご紹介します。

集団左遷を見逃してしまった場合も、今は動画配信サービスがたくさんありますし、その多くが2週間〜1ヶ月ほどの無料が用意されています。

それを利用すれば、集団左遷を見逃してしまった場合も、無料で見ることができますよ。

では、本題に入っていきましょう。

【結論】集団左遷の動画はParaviで独占配信!

1週間以内ならTVer

集団左遷を見逃してしまった場合は、1週間以内ならTVerで視聴することができます。

集団左遷第10話(最終回)の配信期間は「2019年7月7日(日)20時59分」までです。

TVerで集団左遷の第10話(最終回)を見る

1週間を過ぎてしまったら

集団左遷を見逃してしまった場合は、Paraviで視聴しましょう。

集団左遷はParaviにて独占配信されています。つまり、他のサービスでは見ることができないんです。そして、Paraviですが、現在30日間無料キャンペーンを実施中!

つまり・・・この機会にParaviに登録すれば、すぐに集団左遷の動画を無料で見ることができるんです。

もちろん、10話(最終回)だけではなく、放送されている全話を見ることができます。(2019年5月3日の時点で1話〜10話(最終回)まで)

しかも、集団左遷の動画を楽しんだ後に解約しても30日以内なら、一切費用はかかりません。

是非、期間内にParaviで集団左遷やそれ以外の人気バラエティ番組やドラマ作品も楽しんでください。

(Paraviなら集団左遷の動画を全話無料視聴可能です。)

集団左遷の動画を無料で視聴する手順

ドラマ「集団左遷」のVODサービスでの配信状況は以下の通りです。

Paravi 無料で視聴可能!独占配信
dTV なし
U-NEXT なし
Hulu なし
ビデオパス なし
FOD なし

というわけで、「集団左遷」の動画が配信されているのは、Paraviのみということになります。

Paraviでは限定で集団左遷の動画が無料で配信されています。

以下、サービスの詳細です。

Paraviのサービス紹介

Paraviは、現在、30日間無料キャンペーンを実施中です。

キレイな画質で安全に『集団左遷』の動画配信を見たいという方はParaviがおすすめです。

そして、なんと無料キャンペーンの30日の間に集団左遷をいくら見ても、期間に解約をすれば、料金は一切かかりません。

→Paraviの無料登録はこちら

ぜひ、集団左遷やそれ以外のドラマ作品、バラエティ番組なども楽しんでくださいね。

Paraviなら、集団左遷以外にも以下のような池井戸潤作品が配信されています。

・下町ロケット(Paravi独占配信)

・陸王(Paravi独占配信)

・ルーズヴェルト・ゲーム

ぜひ、Paraviでいろんなドラマ動画を楽しんじゃいましょう。登録から30日は無料なので、その期間中だけも動画をしっかり楽しむことができます。

 

集団左遷の動画を無料で視聴する方法

・paraviの初月無料キャンペーンに登録(30日間無料)

・『集団左遷』は見放題の作品なので追加料金無しで見放題

・さらに、それ以外にもたくさんの独占配信作品を楽しめます

また、Paraviでは、集団左遷以外にも以下のような人気作品も多数配信されています。

・グッドワイフ

・この世界の片隅に

・わたし、定時で帰ります

(登録から30日間無料!一切費用はかかりません。)

集団左遷をPandoraやDailymotionで見るのは危険!

PandoraやDailymotionなどにアップされている動画を見ようと思っている人もいるかもしれません。ですがPandoraやDailymotionにある動画は違法でアップロードされているものです。

そういうサイトで気をつけないといけないのが、以下のような点です。

・パソコンやスマホがウィルスに感染して、変な広告が出てくる

・端末に保存してあるクレジットカード情報が外部に漏れる

・架空請求のメールや電話などが届く

画質が悪かったり、途中で再生が止まったりしても、問題ないということであれば、Pandoraでも、動画の視聴自体は可能かもしれません。

ただ、最後に書いたウィルスに感染する恐れがあるということが一番大きな問題でしょう。

パソコンがウィルスに感染して、変なポップアップ広告が出てきたり、クレジットカード情報が外部に漏れてしまったり、架空請求のメールや電話などが届くようになるかもしれません。

そういったことを考えると、違法にアップされた動画を視聴してリスクを背負うよりも、公式に配信されているサービスで動画を快適に楽しむほうがいいのではないでしょうか?

集団左遷10話(最終回)の予告動画とあらすじ

集団左遷10話(最終回)のあらすじは以下の通りです。

とうとう副頭取の座にまで上り詰めた横山(三上博史)。島津議員(石丸謙二郎)への献金の記録が書かれた手帳を渡せばすべてを水に流すという横山だが、片岡(福山雅治)は突っぱねる。

梅原(尾美としのり)は最後の手段としてマスコミに告発することを片岡に提案。会社の不正を自分たちの世代で断ち切るべく、決意を固めた片岡は、真山(香川照之)とともに手帳の裏取りを進めていく。しかし、それを知った横山の非情な仕打ちが襲いかかる。

果たして自分たちがやろうとしていることは正しいのか、三友の為になるのか、部下の為になるのか、お客様の為になるのか、葛藤する片岡の最後の戦いが始まる。

片岡がたどり着く下克上の形とは…

平成から令和を駆け抜けた諦めない男の物語がついに完結!

上記のあらすじは公式サイトより。

(登録から30日間無料!一切費用はかかりません。)

集団左遷10話(最終回)のネタバレ

集団左遷10話(最終回)のネタバレは以下の通りです。

横山専務が副頭取に昇格した。片岡は、不正の追及に関して手を緩めない。自分の正義を信じて横山に向かっている。全ては三友銀行のため、手帳を差し出せばすべてをなかったことにすると片岡に手帳を渡すように迫る。片岡は、「お渡しすることはできません」ときっぱり断った。

横山は、日本橋支店長の鮫島が故意に支店統括部長の梅原に手帳を渡したのではないかと疑う。手帳は、梅原から片岡に渡っていたからだ。 

片岡と梅原は、銀行の屋上で会っていた。梅原は、もう告発するしかないだろうと片岡に提案する。横山と政治家の島津議員が会っていたことも証言すると言う。梅原から、横山が賄賂を渡していた政治家の名前が書かれたメモを受け取る。

これを公にするとダイバーサーチとの提携もなくなり、銀行が窮地に陥ることになると隅田常務は顔をゆがめるが、まずは、手帳の裏をとることになった片岡と日本橋副支店長の真山。告発は間違っているのかと真山へ聞くが、その返答は「間違っていない」だった。

 横山は、ホテルで島津に会い、今後は会わないようにしたいと伝える。島津から理由を聞かれるが、「念のため」とだけ答えた。結婚記念日を理由に早々と会社を後にした片岡、栖原部長の指示で同じ部署の脇田が後を追うが、片岡に巻かれてしまう。

鮫島は、真山の行動に目を向けていた。政治家の関与を調べる片岡と真山の2人。そのことを知った鮫島は、横山に報告する。マスコミにでも告発するつもりなのかと横山は想像をふくらます。

横山は藤田頭取と会い、「全て飲み込むように」と願い出る。藤田は少し躊躇している様子が伺える。片岡の動きを気にする藤田だった。鮫島は、「隅田が金融庁と接している」と横山たちに報告した。この際、片岡を出向させたらどうかと提案するが、横山はまず真山からと。

横山は、人事部長を呼び、自ら作成した緊急人事を発動するように指示した。その内容は、真山を子会社に出向させるというものであった。理由は、以前、子会社の財務資料を勝手に持ち出したことのペナルティーだった。隅田は、我々に対する脅迫と片岡に話す。

横山は、銀行のロビーで片岡に会い呼び止めた。片岡は真山の出向について必死に食らいつく。片岡を役員会議室に連れて行き、大手銀行各社の業績を表したスライドを見せ説得しはじめた。また、片岡を出向させないのは実力を買っているからとも話す。

なんとか片岡の考え方を変えさせたい横山。しかし、片岡は納得することもなく反論を続ける。横山は、ダイバーサーチとの提携プロジェクトの資料を片岡に見せた。プロジェクトメンバーに、横山と対立する片岡の名前が入っていた。

今後の活躍では、まだ上に行くこともできる、自分の力で出向先の真山を戻すこともできると話す。ダイバーサーチとの新規事業説明会を2日後に控え、その時に手帳を持ってくるように伝える。その場を後にした横山は一瞬笑った。

 隅田は、梅原を常務室に呼び運送会社への出向を言い渡した。梅原は、片岡に少し歩こうと誘う。出向を言い渡されたことを伝え、「お前ブレるなよ」と肩を軽く小突く梅原だった。片岡は、自分の席で何かを考えている。

隅田から携帯に連絡が入り、銀行の1階で待っていると伝えられる。2人は毎朝新聞に出向いた。翌日の新聞を真山は見るが、三友銀行の告発に関する記事は出ていなかった。真山は、本部の融資部に出向き片岡を探すが居ない、その後、常務室に行き隅田と梅原に会う。

そこで、片岡より「告発を少し待ってほしい」と言われたことを告げられる。片岡が居そうなところを探す真山、旧蒲田支店の跡地に片岡がいたところを見つけた。跡地は学習塾になっており銀行の面影もなくなっていた。横山がやっていることは銀行のためかと再び話をする片岡。

告発を一旦取りやめた理由は、出世でもすれば自分を戻すことが出来ると横山から言われたのではないかと片岡に聞く真山。自分を見くびらないでほしいと片岡に話す。不正を働く銀行にいつまでもいられない、正しく仕事がしたいと。告発することにより、銀行は大変なことになるが、ただして一から仕事を行えばよい、「決着をつけましょう」と真山から言われ、片岡は考えがまとまった。

 新規事業説明会の会場に、藤田、横山、鮫島たちがいた。片岡は、新聞社に手帳を渡し、ダイバーサーチの清水にも伝えてあると話した。横山の顔が歪む。何をしたのか分かったのかと詰め寄る横山、「不正をたださないと未来の三友はない」と反論する片岡。

不正や隠ぺいを三友の未来のために次の世代の行員に託して欲しいと、横山に頭を下げた。片岡が追っかけているのは疑惑であり、証拠がないと横山は言う。その姿を見ていた藤田は、全ての責任は私にある、私の判断が誤った、次の世代の三友のためにと横山をなだめる。

横山は、「みなさん頑張ってください」と一言だけ言い残して、会場を後にした。藤田は「片岡君ありがとう」と。横山は副頭取室でひざから崩れ落ち、涙を流している。

 告発がきっかけとなり、島津議員は逮捕され、三友銀行の株価は大暴落し、またダイバーサーチとの提携もなくなってしまった。新人事で、隅田は頭取に就任した。

 片岡は、新しくできた人材研修センターのセンター長に就任した。真山は、銀行員を辞めると片岡に話す。妻の実家の会社の経理をやり、病気の妻との時間を大切にしたいという理由からだった。お世話になりましたと握手をする。真山からお互い頑張りましょうと言われ、片岡は満面の笑みで「ハイ」と答える。

 片岡をはじめ、旧蒲田支店のメンバーはそれぞれの配属先で活躍している。真山も慣れない仕事に頑張っている。

 三友銀行は、新たな道を歩んでいくのであった。

集団左遷10話(最終回)の感想

集団左遷10話(最終回)の感想メッセージを読者さんの声と、Twitterから紹介します。

自分の状況と重ねて、泣けた。面白かった!という声が多いですね。

もりさん

片岡の正義が打ち勝ち、三友銀行の不正を解明することに成功しました。銀行のためお客様のためという信念を貫き通し、片岡の考えと行動に関わったすべての人の心を動かしてしまったように思います。最終話では、藤田頭取の考えまで改めさせてしまいました。

片岡と真山コンビの活躍ぶりは、大変爽快でした。最終話の中で、片岡や真山の今後に触れていましたが、横山派の鮫島支店長はどうなってしまったのか気になります。仕事を通して、同僚や上司・部下との絆が生まれ、毎回それが強固になっていく姿を見ていると、羨ましい組織と感じました。

まとめ

集団左遷10話(最終回)の動画見逃し配信情報と感想をお伝えしました。

集団左遷の10話(最終回)を見逃した場合は2019年7月7日までならTVerで視聴することができます。

ただ、その期間を過ぎてしまってもParaviで見られます。

Paraviなら「集団左遷」の1話〜最終回まですべて無料で見ることができるので、1話から復習したい人におすすめです。

(登録から30日間無料!一切費用はかかりません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です