パーフェクトワールド(ドラマ)6話のネタバレと感想を紹介!

ドラマ「パーフェクトワールド」6話のネタバレを紹介します。

6話は、お互いがお互いを思いながら、別れることを決意したつぐみと樹のその後のお話しです。

この記事では、パーフェクトワールド 6話のネタバレをお伝えしていきます!

また、パーフェクトワールドの6話を見逃してしまった!動画を見る方法はないの?という方のために、パーフェクトワールドの見逃し配信情報も合わせてお伝えします。

ドラマ「パーフェクトワールド」6話のあらすじ

パーフェクトワールド 6話のあらすじは以下の通りです。

甘春総合病院に、けいれん発作で魚谷久美(稲垣来泉)という少女が救急搬送されてくる。唯織(窪田正孝)らは、久美のCT検査を行ったが異常は見られなかった。だが、別の日にMRI検査を行ったところ、二相性急性脳症の特徴的な所見である、脳が木の枝のように光る「ブライトツリーアピアランス」が見られ、入院しての治療が行われた。

杏(本田翼)は、久美への治療の効果を確認するため再度MRI検査を行うことを決める。その席で、杏が目も合わせてくれないことにショックを受ける唯織。それを知った裕乃(広瀬アリス)は、何故かモヤモヤした気持ちになっていた。一方、杏が唯織を気にしていると見抜いたたまき(山口紗弥加)は、「素直になれば?」と杏に告げるが……。

小児科では、久美の強い希望により、季節外れのハロウィンパーティーを行うことに。枕元に願い事を書いた紙を置いて寝るとそれが叶うという言い伝えもあることから、唯織や小野寺(遠藤憲一)たちも久美から願いごとカードを手渡されていた。

同じ頃、内科には腹部の痛みを訴えて受診した若井陽子(佐藤めぐみ)の姿があった。陽子は、アルバイトを抜け出して病院に駆けつけた夫の祐一(板橋駿谷)に、盲腸だと診断されたが「薬で散らせるから普通に働ける」と言って安心させる。久美は陽子にも願いごとカードを手渡していた。

そんな折、MRI検査を受ける予定だった久美が突然けいれんを起こし……。

 

ドラマ「パーフェクトワールド」6話のネタバレ

ドラマ「パーフェクトワールド」6話のネタバレは以下の通りです。

樹に突然別れを告げられたつぐみ。落ち込みながら帰宅する。家に帰ってくるとしおりと洋貴がいて、元久が倒れたようだ。3人で急いで松本に向かう。

3人は病院に駆けつけると、元久は元気だった。咲子もいる。ほっとする3人。「何の検査入院だったの?」と洋貴が聞くと、「心臓」という元久。「狭心病」という咲子。「鮎川くんとは別れた。もう終わったの」というつぐみ。皆驚く。

樹の家。お揃いのマグカップが目に入る。つぐみを思い出す樹。

つぐみの実家。つぐみと咲子。「まだ起きていたの」と声をかける咲子。「松本に帰ってきちゃだめかな?」というつぐみ。「仕事は?どうするの」という咲子に「社長に話してみる」と答えるつぐみだった。

退職届を出すつぐみ。「分かったわ。残念だけど、これは預かっておく。せっかく頑張ったんだから、松本で仕事探してみるのもいいんじゃない」と東に言われる。お礼をいうつぐみ。

バスケをしている樹。「最近元気がない。」「つぐみちゃん来なくなったな」とバスケ仲間が噂している。晴人も心配そうに見つめる。

つぐみのアパート。洋貴がつぐみの代わりに引っ越してくるようだ。「つぐみのこと諦めてないから。いつか俺のほうに向かせてみせる。つぐみと結婚することが俺の夢だから」という洋貴。「ありがとう」というつぐみ。引っ越し準備を急ぐつぐみたちだった。

ご飯を食べている樹と晴人。つぐみの事を話す樹。「心の壁取っ払うのが心のバリアフリーだ」といわれる樹だった。

仕事をしている樹。渡辺から電話が入る。「2時のバスでつぐみちゃん松本に帰るらしい」と聞かされる樹。

バス乗り場。つぐみが一人いる。樹のことを思い出すつぐみ。洋貴が戻ってくる。お土産とご飯を渡し「週末会いに行くから」という洋貴だった。

樹はタクシーでバス乗り場に駆けつける。洋貴がくる。「今さっき行ったよ。会ってどうする気だったんだよ。間に合わなくてよかった。」という洋貴。「近い将来つぐみにプロポーズする。だから、あいつを惑わすことはやめてくれ」という洋貴に「分かった。もう二度と会わない。幸せにしてやってくれ。」といって去っていく樹だった。

バスに乗っているつぐみ。

一人帰る樹。家に帰ってきた樹。気持ちが荒れる樹。足をひたすら叩く樹。葵がやってくる。樹の姿をみて心配する葵。「見送りに行っていたんだ。今更遅い。間に合わなくてよかった。松本に帰ったんだ。お父さんの看病するために。後は俺ともう会わないようにするため。別れたんだ。もう会うことはないと思う」という樹。葵は泣き出す。「ごめん」と行って帰ろうとする葵。樹が引き止めると、「つぐみが現れてから私の居場所がなくなった気がしていた。部屋にも樹の心にも。ずっとあなたが好きだった。出会った時からずっと。」という葵。驚く樹。樹が「結婚。。。」というと、「離婚したの。結婚したら忘れられるって思っていた。けど、甘かった。夫にも話してさんざん罵られた。離婚したら打ち明けようと思っていた。けど、もう川奈さんがいて」という葵。「気付かなくてごめん」という樹に「謝らないで。忘れて。でもこれでまた元通りなんだよね」という葵。「そうだね」と樹が答えると「元通りならそれでいいの」という葵だった。

つぐみの実家。携帯をみるつぐみ。

樹の家。携帯をみる樹。それぞれお互いの連絡先を削除するのだった。

多摩中央図書館。しおりがいる。すると、晴人と偶然会う。驚く晴人。中庭で話す2人。「建築士の勉強していた」という晴人に、「就活の対策にきた」というしおり。「お姉ちゃんたち別れたんだよね。最初は障害ある人と付き合うのいいことないと思ってたけど。その人いい人で応援しいてたんだよね。」というしおりに「僕の先輩も別れたんだよね」と話す晴人。2人は樹とつぐみの話だと気づき驚く。「運命じゃん」という晴人に、しおりは、「私好きな人がいるから」というのだった。

つぐみが新しい職場で働いている。

樹。会社でインタビューを受けている樹。

つぐみの実家。つぐみが帰ってくると、洋貴がいる。楽しそうに囲碁をする元久と洋貴。薬を飲む元久。洋貴とつぐみ。「たまには実家以外でも会いたいんだけどね」という洋貴。すると、東京で行われるミュージカルのチケットを渡し誘うのだった。「行く」と答えるつぐみだった。

樹の家。文乃が来ている。ベッドカバーを変える文乃。

話をする文乃と樹。「入籍しないかって言われて。息子が辛い時に母さんだけ幸せになるのもな」という文乃に、「おめでとう。幸せになって」という樹だった。

仕事をしている樹。飲みに誘われるが断る樹。

食事をしているつぐみと洋貴。ミュージカルの後に食事をしているようだ。

2人で歩いているつぐみと洋貴。洋貴がつぐみの手をとり、手をつなぐ。「俺たち結婚しない?つぐみとは交際期間いらないと思うんだ。ずっと見てきたから。お前を幸せにする自信がある」と話す洋貴。つぐみと洋貴を見かける樹。「俺と結婚してください」という洋貴に「ありがとう。私もひろのことは好き。でも。。。別れた日のことがまだ生々しく残っていて。何て言えばよかったのか、答えがでなくて。いつも空しい気持ちになる。でも考えちゃうの。こんな気持ちでひろの所に行くのは失礼だって思うの」とつぐみがいうとキスをする洋貴。「お前の気持ち無視してキスした。これで俺の方が失礼なやつだな」といってまたキスをする洋貴。そして抱きしめる洋貴。「全部引き受けたいんだ」という洋貴。つぐみも手を回し、答えるのだった。そんな2人を見ていた樹。

家に帰ってくる樹。電気がつかない。

家で話すつぐみとしおり。「報われて良かった。ひろの片思い。」というしおり。「ちゃんと切ってね。鮎川さんのこと。ひろの事傷つけたら許さないから」というしおりに「分かっている」というつぐみ。

美姫としおり。レストランにいる2人。洋貴とのことを話すつぐみ。「是枝くんのことが好きならいいよ」という美姫だった。シェフの高木を紹介されるつぐみ。3人で話す。「彼が近々家を建てたいって言っていて。」という美姫。「妻が車いすの生活になるから。完全にバリアフリーにしたくて。建築家を訪ねたけど、断られた」という高木に「力になる」というつぐみだった。

高木の妻の楓の病室に来ているつぐみと美姫。飲み物を買いにいく美姫と高木。楓と話すつぐみ。「どこまで聞いているか分からないですけど、私、進行性の病気で、歩けなくなって、いずれは寝たきりになります。後何年生きられるか分からない。先に死んでしまう私のために、大金使わせて。私、彼の人生めちゃくちゃにしている。」という楓。高木と美姫が戻ってくる。高木が雑誌を見せる。断られたという建築家の写真を見せると、樹だった。樹が高木を断ったのだ。

樹の会社。つぐみの話をしている。

樹の家。電気をかえる葵。お礼を言う樹。高木の依頼を断った話をする樹。「何か助言だけでもしたい」という樹。「どうして断ったの?」という葵に、「同じなんだ。この人がしようとしていることと、川奈がしようとしていたこと。パートナーに負担をかけたくないっていうのは、介護を必要とする人間には必ずあることだ。この奥さんもこれ以上負担をかけたくないんだよ。その気持ちが痛い程分かるから依頼断れなかった。」という樹。「樹くんは川奈さんを守りたかったんだね。だから別れたんだね」という葵に「もう終わったことだから」という樹だった。

病院にいる元久とつぐみ。元久の付き添いで来ているつぐみ。そこに高木が通りかかる。「昨日また入院しまして。あまりよくないんです。このまま車いすになるかも」というのだった。

妻の病室にきた高木とつぐみ。楓がどこにもいない。車いすがないことに気づき、皆で探す。病院の外を探すつぐみと高木。すると、つぐみが河原で楓を見つける。高木が駆け寄る。「なにしようとしてんだよ。答えろよ」と怒る高木。「少し一人になりたかっただけ。ごめんなさい」という楓。「ならいい」という高木だった。つぐみも駆け寄る。楓が「私はけいちゃんを幸せにできない。」という。つぐみは樹の言葉を思い出す。「自分のせいで不幸になるのは耐えられない。もう会えなくてもけいちゃんが不幸にならないならそれがいい」という楓に、「そんなのだめ。別れないで」というつぐみ。自分と樹を重ねてしまうつぐみ。「俺の幸せが何か知っているか。俺の幸せはお前のそばにいることだ。お前の笑顔をみること、喜ばせること。それが俺の幸せなんだよ。それをお前は奪おうとしているんだぞ。先の事なんてどうだっていい。俺は諦めないぞ。お前の夢も俺も夢も。」という高木に「ごめんなさい」といって泣く楓だった。そんな2人を見ているつぐみ。

東京にいるつぐみ。樹の会社にやってくるつぐみ。樹はつぐみをみて驚く。

ドラマ「パーフェクトワールド」6話の感想

ちよさん

お互い好き同士なのに別れることになってしまって、2人が別々の道を歩み始める。そんな中つぐみは、進行性の病気を抱える妻とその夫に出会う。2人を観ていてつぐみは抑え込んでいた気持ちに動かされる。
今普通のカップルでも将来どうなるかわからない。なのに、病気や障害を負うと将来の事ばかりを考えてしまい、今したい事や今の素直な気持ちを抑え込んでしまうようだ。おそらく普通のカップルでもそうなのかもしれないが、障害者の人はそう思う気持ちがより一層深いのかもしれない。
しかしこのドラマで、今までの障害者らしさというのも変わってきているのかもしれないなぁと感じた。だから障害者も変わるし、障害者への見方も変えていく必要がありそうだ。

あやかさん

一方的な樹の別れを理解できない状態でつぐみが東京を離れて松本に戻りたいという気持ちは痛いほどよくわかった。ちょうど父の体調が悪いこともあって、松本で父の看病をするという事情で仕事も辞めてしまった。

出来てセンスのあるつぐみを引き留めない上司に少し腹が立ちましたが、きっと色んなことを察知して退職を受け入れてくれたんだると思いました。松本でも仕事に就くようにアドバイスすることが上司の精一杯の慰めだったんだと思いました。

洋貴はお父さんの見舞いとかこつけてつぐみに会いに来るところが健気だと思った。樹を思っているつぐみ全てを受け止めると優しい言葉をかけてくれるそんな洋貴につぐみの心が揺らいでいるように感じた。誰でもあそこまで優しく包まれたら守って欲しいと思ってしまう。

樹を忘れるために必死に仕事をして認められるようになり、客から指名が入るようになったつぐみ。また、樹もしごと人間に変わってしまった。人と関わることを避けているように感じた。

松本で高木夫妻の設計を相談されたつぐみ。妻が車いす生活になるため妻のためにバリアフリーの家を作りたいと夫が頑張っている。妻は自分の病気の為に夫が犠牲になってしまうことが耐えられない。自分が夫の荷物になってしまう。それなら死んでしまった方がいいと思っていた。その状況がつぐみと樹に似ていた。

二人の気持ちが解るだけにつぐみは別れる選択はしないように引き留める。もちろん病気をした人も辛いしそれを介護する人も辛い。でもそれはお互い様の事。その状態で二人で幸せになっていく方法や残された時間を有意義にする方法を探していくことが重要だと思った。絶対に死ぬという選択はしてはいけないし、別れるといった選択もしない方がいいと思う。後から後悔するだけだと思います。

みえたさん

樹との別れを機に松本に帰ってしまったつぐみですが樹への想いは消せないでいましたそんな時に出会った高木夫婦でしたが妻の楓が進行性の病で車椅子生活になってしまうと知りました妻のために家を購入しようとする夫と先が短い自分のためにこれ以上の負担を掛けたくないと思う家を建てるにあたり雑誌に載っていた樹を訪ねていた高木のここで繋がる伏せん樹が高木夫婦のデザインを断った理由が奥さんの気持ちがわかるこれ以上迷惑を掛けたくないんだ旦那さんがやっていることは川奈と同じなんだ高木の妻の楓が夫に言ったわたしはあなたになにもしてあげられないのが辛い樹と楓の気持ちが切なくそして楓は樹の代弁者のように思えました離れてしまった樹とつぐみですが好き同士ならば離れないでと思うのは傲慢でしょうか今回も泣いてしまいました

yasuさん

つぐみは樹のことを忘れようとしたがある夫婦と出会い二人の状況と似ていたのでほっとけず夫婦を助け鮎川くんに会いにいくシーンはよかったですヒロとつぐみがキスするシーンをみていた鮎川くんの気持ちは辛かったです春人くんとおりが偶然出会いしおりの姉と樹が付き合っていたことを知った二人はこっちまで喜びました

 

あさみさん

辛い別れを経験した樹とつぐみでしたがそれぞれの場所で頑張っている姿は生き生きとしておりほっとさせられました是枝がつぐみに対して積極的にアプローチしてきました少々急ぎ気味の是枝ですが樹に想いの残ることを分かりきっているための行動力なのでしょう高木夫妻と出会ったつぐみは仕事面での接点が出来て樹と再会することでまた期待感が高まります

 

はのんさん

主人公と車椅子の彼ではなく、また、別の、これから障がい者になっていく夫婦を登場させたのが、今回の脚本のいいところだと思いました。結局、前回、納得いかずに別れてしまうこととなった主人公。その答えがわからず、ずっと抱えていたまま、ストーリーは、後半までいきます。そして、自分が、抱えていた問題を、別の夫婦に重ねることによって明確になっていく。そして、その答えが、次回へと続く。よくできた脚本だと思いました。

うっしーさん

別れてからそれぞれ前に進んでいるようにも見えたが二人の心の中には相手が存在している状況これはドラマでよくあるパターンとはいえ今回の二人の仕事での頑張りに胸を打たれた是枝とつぐみの急接近は少し意外だった是枝がアピールするのは分かるがてっきり樹への想いが断ち切れなくてという展開だと思っていた高木夫婦の様子を見ていたつぐみの何かを決意した樹を真っ直ぐに見つめる次回はどうなるのかとても気になった

はゆかさん

しおりが洋貴を好きなのかなと思わせる言葉があり、しおりの気持ちを考えたら凄く切ないなと思いました。一方つぐみは、洋貴の気持ちを受け入れましたが、心の底では樹を忘れることができていないようでした。切ない思いがたくさんあり、やっぱり樹とつぐみがハッピーエンドになることを願っています。樹の事務所で久しぶりの再会をした2人がどのように、関わっていくのかが楽しみです。

ドラマ「パーフェクトワールド」6話を見逃した場合はどうすればいいの?

ドラマ「パーフェクトワールド」はFODで1話〜最新話まで配信されています。

FODは月額888円(税抜)ですが、今は31日間無料キャンペーンを実施中です。

つまり、この機会にFODに登録すれば、ドラマ「パーフェクトワールド」を1話〜最新話まで全話無料で見ることができるんです。

パーフェクトワールドを見逃した場合、もう一回見たい場合は、FODで見ちゃいましょう。もちろん、スマホやタブレットでも見ることができますよ。

(31日間無料キャンペーン中!今なら全話無料で見られます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です